VR課外授業に参加しました

本校の生徒6名が、VR(バーチャルリアリティー)空間で開催された課外授業に参加しました。
この課外授業は、 物理的に離れたメンバーが ネットワークを利用して同じ仮想空間に集まり、活動するという実証実験の一環として行われました。参加したのは、本校と愛知県立御津高等学校、愛知淑徳大学、中京テレビ、三井物産の方々です。

今回の課外授業は、『こんなこと、こんなもの、紹介したいな。AICHI!NIPPON!』というテーマで、ケニアから来た高校生に愛知県を紹介するツアーを考えるという内容でした。最初に、高校生がチームごとに集まってツアーのプランを練り、大学生のアドバイスを受けて完成させていきます。最後に、それぞれのチームが考えたプランを発表しました。
本校では、初めての試みでしたが、参加した生徒はバーチャル空間で他の高校生や大学生とコミュニケーションをとり、遠く離れた人との会話や発表を楽しみながら行っていました。